スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UR業務見直しで検討会=23日に初会合-国交省(時事通信)

 国土交通省は22日、独立行政法人都市再生機構(UR)の業務範囲や組織の在り方を見直すことを目的に、有識者で構成する検討会(座長・森田朗東大公共政策大学院教授)を設置すると発表した。23日に初会合を開く。
 政府の行政刷新会議は4月、独立行政法人を対象に「事業仕分け」の第2弾を実施する予定。検討会の設置は事業仕分けでの議論に備えることなどが狙い。月1回のペースで会合を開き、URへの出資金の規模、職員の関連法人への天下りの実態、自治体や民間への業務移管などを議論する。 

【関連ニュース】
国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で
印刷局、財務省に戻すことも=独立法人へ天下り「巧妙」
環境、医療、農業でWG=規制改革
「隠れ天下り」ポスト廃止へ=独法と特殊法人の嘱託職員
法制局と見解異なれば対応=枝野担当相

時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定-法制審(時事通信)
ジャンプ葛西の地元・下川町、“五輪皆勤賞”表彰へ(スポーツ報知)
警視庁職員を現行犯逮捕=女児の頭殴り、抱き上げる-千葉県警(時事通信)
高校受験の教育費、8割超が負担(産経新聞)
「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検-千葉大生殺害放火(時事通信)
スポンサーサイト

児童買春で外科医長ら逮捕=「性欲満たすため」-神奈川県警(時事通信)

 女子高生らに現金を渡してみだらな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課などは22日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で医療法人社団柏綾会綾瀬厚生病院の外科医長森光生(51)=横浜市港南区丸山台=、美術セット製作会社社長五十嵐順(48)=川崎市多摩区菅馬場=両容疑者を逮捕した。同課によると、森容疑者は「性欲を満たすため1年半ぐらい前からやっていた」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑では、森容疑者は昨年2~4月、神奈川県大和市のホテルなどで、当時高校1年だった川崎市の無職女性(17)ら2人に現金各1万5000~2万円を渡し、2度にわたりみだらな行為をした疑い。五十嵐容疑者は同じ女性2人と別の無職女性(16)に現金各2万~3万円を渡し、2度みだらな行為をした疑い。 

山本浩司氏死去(日本バーテンダー協会顧問)(時事通信)
清水前議員が自民離党(時事通信)
競馬場から確定申告、武幸四郎らPR e-Tax約3割に(産経新聞)
血管拡張する「大動脈瘤」 無症状ゆえに潜む危険 CT検査での早期発見が鍵(産経新聞)
消防機関からAED不具合の疑い事例報告328件(医療介護CBニュース)

首相「政治とカネが影響」…長崎県知事選敗北で(読売新聞)

 鳩山首相は22日午前、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことについて、「国政の影響があったことは否めない。やはり政治とカネの問題の影響を受けたと言うべきだ。真摯(しんし)に受け止める必要がある」と述べ、自身の偽装献金事件や小沢民主党幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件などが敗北につながったとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 そのうえで、「初めての新しい予算が(国会を)通れば、地域経済を必ず大きくプラスの方向に転じさせることができる」と語り、2010年度予算案の年度内成立に全力を挙げる考えを強調した。

<設標船ほくと>最後のブイ交換作業を終える 引退へ(毎日新聞)
<がんフォーラム>徳島で開催 800人参加(毎日新聞)
民主・小林千代美議員陣営の選挙違反、北教組捜索(読売新聞)
ツシマヤマネコに楽園を、保護団体が山林購入(読売新聞)
元警察官、発砲受け負傷=帰宅時に襲われる-福岡(時事通信)

<長谷川等伯>特別展23日開幕 東京国立博物館で(毎日新聞)

 安土桃山時代の絵師、長谷川等伯(1539~1610)の作品を一堂に集めた「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(主催・東京国立博物館、毎日新聞社、NHKほか)の開会式と内覧会が22日、東京・上野の東京国立博物館であった。23日に開幕し、3月22日まで(最終日を除き月曜休館)。

 同展には、日本の水墨画の最高峰といわれる「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」、京都・智積院(ちしゃくいん)所蔵の金碧(きんぺき)障壁画「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」など国宝3件、重要文化財27件を含む73件が出展される。

 開会式で銭谷真美・東京国立博物館長は「国内の等伯作品をできる限り網羅し、等伯の全貌(ぜんぼう)を一挙に公開する史上最大規模の大回顧展です。魅力あふれる作品の数々をぜひ堪能していただきたい」とあいさつした。

 内覧会には約1900人が出席。等伯ファンで等伯を主人公にした歌舞伎を構想しているという歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんも訪れ、2時間近くかけて松林図屏風などの作品に熱心に見入っていた。【森本英彦】

【関連ニュース】
長谷川等伯展:展示作業行われる 東京国立博物館
国宝土偶展:入場者10万人を突破 2月21日まで開催
長谷川等伯展:出品の国宝2点搬出 京都・智積院から
皇后さま:「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館
「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気

<小児がん>健康な人も加入可能に 経験者の共済保険(毎日新聞)
平成電電広告掲載「不法でない」=新聞社側が勝訴-東京地裁(時事通信)
小沢一郎政治塾「税金で側近育成」との批判も(読売新聞)
トカラ列島で震度3(時事通信)
捕鯨船妨害は遺憾=前原国交相(時事通信)

ウーロン茶瓶に山水画 能勢の酒造会社が販売 回収率アップ、エコに貢献(産経新聞)

 ペットボトル全盛の時代にあって、山水画をあしらったガラス瓶詰のウーロン茶を販売する大阪の酒造会社の取り組みが、省資源の面で注目されている。どの業者もガラス瓶の回収に苦労するなか、地域密着と商品戦略で回収率を上げており、ペットボトルと梱包(こんぽう)用段ボールの使用量を年間10トンも削減できた計算に。容器包装の省資源に貢献したとして環境省から表彰も受けており、専門家は「再利用システムの一つのヒントになる」と評価している。

 大阪市で今月10日、環境省の主催で開かれた循環型社会づくり先進事例の発表会。大阪府能勢町の能勢酒造が取り組むリユース瓶入りウーロン茶の販売や回収方法などに関するプレゼンテーションに、数十人の参加者が聞き入った。

 同社は地元で産出されるミネラルウオーターの売り上げを伸ばしていたが、町内のゴミ焼却施設で高濃度のダイオキシンが検出された問題の風評被害に直面。自動車運転のアルコール規制が強化され始めた時期と重なったこともあり、飲食店でウーロン茶の需要が増していることに目を付けた。得意先にペットボトル入りからの切り替えを提案し、リユース瓶を用いた「能勢山水ウーロン茶」の拡販に乗り出した。

 省資源や価格の面で優れるガラス瓶だが、ネックは回収が難しいこと。同社は回収率を上げるため、瓶は自社所有を中心とし、流通地域も京阪神の約1時間圏内に限定した。回収できない小売店などは取引を断る徹底ぶり。1本10~20円のディポジットも付けている。さらに、瓶には日本画家、満田彗峰氏の山水画をあしらう工夫も。宴席で“非日常”を感じてもらえる、と販売に協力する旅館も増えている。

 ガラス瓶は容器包装リサイクル法により、製造業者や販売業者に再商品化が義務づけられている。能勢酒造の子安丈士取締役は「瓶の再利用は一昔前はどの酒店もやっていた。回収には大手飲食チェーンも含め、小売店側の協力が不可欠」と話す。

 藤田正憲・大阪大名誉教授は「ガラス瓶の再利用は明らかに環境に優しいのに回収システムが難しい」と指摘。「消費者の心をつかまないと、いくらエコでも持続しない。工夫を継続してほしい」としている。 

【関連記事】
古紙再生時のスラッジ2千トン不法投棄、容疑で社長ら逮捕
エコカー補助金制度延長 車選び、色もポイント
エコカー補助拡大、アメ車は8車種 米通商代表が「失望」表明
温室効果ガス25%削減で3案提示 政府の「行程表」論議スタート
エコ文具「針なしホチキス」は折り紙がヒント

<普天間移設>「ベストを探す」首相が強調(毎日新聞)
「昔メンバー。つい…」 57歳、勝手に加わり集団暴走の疑い 愛知(産経新聞)
改修費はどこから?首相公邸を一部改修(読売新聞)
働く女性にとって関心のある習い事は「英語」(産経新聞)
<五輪モーグル>娘に、妻に称賛惜しみなく 上村4位(毎日新聞)

警視庁巡査長が盗撮=女性のスカート内、停職(時事通信)

 警視庁は19日、女性のスカート内を撮影しようとしたとして、教養課の巡査長(32)を停職3カ月の懲戒処分にした。
 同庁によると、巡査長は2日、東京都内の書店で、女性のスカート内を撮影しようとしたという。 

【関連ニュース】
小学校教諭、女子トイレ盗撮=建造物侵入容疑で逮捕
女性のスカート内盗撮=容疑でNHK職員逮捕
ほかにも十数件に関与か=痴漢容疑で予備校生を逮捕
堺市職員、盗撮で現行犯逮捕=大阪府警
消防局職員、痴漢で現行犯逮捕=後つけ、背後から触る

<寛仁さま>退院し宮邸へ(毎日新聞)
<高松高裁長官>富越氏を任命 政府が閣議決定 (毎日新聞)
<普天間移設>名護市長が首相に「海にも陸にも造らせない」(毎日新聞)
<鳩山首相>母に金無心? 本人は「作り話」と強く否定(毎日新聞)
不況に夢「家のローン一括返済」 グリーンジャンボ宝くじ発売(産経新聞)

直接支払制度の猶予延長を要望―保団連(医療介護CBニュース)

 全国保険医団体連合会(保団連、住江憲勇会長)は2月17日、出産育児一時金の直接支払制度の猶予期限が3月末に迫ったのを受けて、来年3月末まで猶予期間を延長するよう求める要望書を長妻昭厚生労働相あてに提出した。

 保団連は要望書で、「少子化対策は重要な懸案事項であるので、直接支払制度の廃止は求めない。しかし、産科医療機関に取り扱い義務を強制するのには反対だ」とした上で、猶予期間を来年3月末まで延長し、その間に妊産婦と産科医療機関が共に納得できる制度を構築できるよう、広く意見を募り、検討するよう求めている。
 また、現行の直接支払制度では、産科医療機関への分娩費用の支払いが、請求から最長で2か月後になるが、支払いの遅延を理由に分娩を廃止する医療機関が出ないよう、一刻も早く支払いが行われる制度を検討するよう求めている。


【関連記事】
出産育児一時金の月2回請求を検討―厚労省
人を大切にする医療システムを
「直接支払」猶予で事務連絡―出産育児一時金
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
出産育児一時金、さらに4万円引き上げへ―厚労省

舛添氏らが勉強会発足(産経新聞)
北海道開発局元課長を減給処分=公用車業務官製談合で-国交省(時事通信)
小沢幹事長「検察捜査に勝るものない」 不起訴受け強気一辺倒(産経新聞)
YKK AP製ドアポストで事故=小1男児が手の甲切る-消費者庁(時事通信)
確定申告、全国でスタートへ=高橋英樹さん夫妻もe-Taxで(時事通信)

<過労障害>元社員らに1億9400万円賠償命令 鹿児島(毎日新聞)

 過労で脳に障害を負い寝たきりとなったとして、元レストラン支配人、松元洋人さん(35)=鹿児島県鹿屋市=と両親が、勤務先の会社に約3億5000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が16日、鹿児島地裁であった。山之内紀行裁判長は「過酷な労働環境を漫然と放置した」と、会社側の安全配慮義務違反を認定し、将来の介護費用や未払い賃金など総額約1億9400万円の支払いを命じた。

 原告側弁護士によると、過労障害を巡る賠償額としては、約2億円の支払いを命じた大阪地裁判決(08年4月)に次いで2番目の高額。賠償額には寝たきりになった時から余命46年分の介護費用のほか、介護する両親に対する慰謝料も含まれている。

 勤務先は外食チェーンを展開する康正産業(鹿児島市、肥田木康正社長)。判決などによると、松元さんは01年にパート従業員として入社し、社員に昇格。03年9月には鹿屋市内のレストランの支配人となったが、04年11月、就寝中に意識不明となり、現在も意識は回復していない。鹿屋労働基準監督署は06年1月、労災を認定している。

 山之内裁判長は、松元さんが月平均200時間を超える時間外労働や、203日間連続で出勤したほか、人手不足や過酷なノルマ達成を強いられ、身体的にも精神的にも過度の負担を受けていたとして「過重労働」と認定。「会社側が、過酷な労働環境に対して見て見ぬふりをした。松元さんの人員補充の要請に応えていれば、発症を回避できた可能性は高い」と述べた。

 同社は鹿児島、宮崎、熊本、福岡で焼き肉や和食などのレストラン21店舗を経営している。【川島紘一、黒澤敬太郎】

【関連ニュース】
過労死企業公開訴訟:「社会的批判を」原告が陳述
教師刺殺:卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁
日本マクドナルド:社員の「過労死」認定 東京地裁
化学物質過敏症:後遺症が初の労災認定 眼球運動障害で
派遣労働者:携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設

漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い-海保(時事通信)
ブルネイの王、クリントン…200億集金「サンラ・ワールド」の壮大な釣り針(産経新聞)
外務省買い上げ廃止「外交フォーラム」休刊(読売新聞)
食道に気管チューブ=口内洗浄後、入院患者死亡-熊本(時事通信)
雑記帳 赤ヘルファン注目、球場のお宝売り出しへ 広島市(毎日新聞)

在校途中から「女児」に切り替え=性同一性障害の小2児童-埼玉(時事通信)

 埼玉県内の小学校が、性同一性障害と診断された小学2年の男児に対し、学年の途中から女児として通学することを認めていたことが12日、分かった。在校中に生活上の性別を切り替えるケースは珍しいとみられる。
 この2年生のケースは、昨年の日本性科学会で報告された。複数の出席者によると、児童は幼稚園児のころから男児として扱われることに違和感を覚え始めたとみられ、髪を結ってほしいと親にせがんだり、テレビを見て「この人のように、心は女なの」と言うようになったりしたという。
 小学校入学後は、トイレで立って用を足すことなどに苦痛を訴え始めたほか、男児用の水着を着ることにも抵抗感を示したとされる。児童は昨年、医療機関を受診したところ、担当医から性同一性障害と診断された。 

【関連ニュース】
嫡出子認定、民主に要望=性同一性障害者団体
「非嫡出子」扱いを見直し=性同一性障害者夫婦の人工授精
夫が元女性なら「非嫡出子」=人工授精で妻出産、扱いに差
武藤被告、懲役12年確定へ=妹殺害切断

【Web】ネットのフィルタリング30代にも?(産経新聞)
トラックが追突、パトカー炎上し警察官重傷 岡山の山陽道(産経新聞)
2人刺殺、少女連れ逃走=18歳少年ら2人、監禁などで逮捕-宮城(時事通信)
<衆院予算委>「秘書兼職やめては」 経産相「考えさせて」(毎日新聞)
衆院予算委 自民、「ポスト鳩山トリオ」狙い撃ち(産経新聞)

【核心】「サンラ」200億集金 王様ら「セレブ」餌(産経新聞)

 無登録で出資を募ったとして、今月3日、投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで警視庁の家宅捜索を受けた。ハワイのコーヒー農園、カナダ企業の未公開株などへの出資を呼びかけ約200億円を集めたとされるサンラ社。出資者の多くは「時事評論家」を名乗る元役員、増田俊男氏(71)に魅せられた。だが、多くの事業は破綻(はたん)状態に陥っている。(滝口亜希)

                   ◇

 「ニューヨークのど真ん中にビルがあるんですが、ここに住むことは世界で有数の金持ちというステータスなんです」。平成16年11月、都内で開かれたサンラ社の会員制投資クラブ「サンラ・インベストメント・クラブ(SIC)」の定例会。数百人の聴衆を前に、増田氏は「私の関係する会社もここに事務所があるんですが、隣に住んでいたのは、なんとブルネイの王様でした」と胸を張った。

 増田氏はこの場で、ハワイのコーヒー農園開発プロジェクトを「今までの投資総額は、すべて元がとれます」と説明した。しかし、警視庁などによれば、このプロジェクトは現在、ほぼ破綻状態という。

 出資者側代理人によると、SICの会員数は最盛期に1千人を超え、1人で約2億円を出資した会員もいるという。

 会員から熱烈な支持を受ける増田氏は講演活動の傍らで著書も20冊以上出版。公式ホームページや会員向け資料には「四十七士・早水藤左衛門の末裔(まつえい)」「ハワイ王国の全権大使」の文字も並ぶ。SICの定例会では、ビル・クリントン米元大統領や、妻のヒラリー・クリントン国務長官とのツーショット写真が上映された。

 「第二のマイクロソフトになる」「間もなく上場する。株価が40倍になる」。サンラ社は、カナダのIT企業の未公開株についてはこう勧誘し、12~19年、約4700万ドル(当時のレートで約50億円)を集めたとされる。しかし、IT企業は現在も上場しておらず、配当金も滞っている。今回、警視庁が家宅捜索した容疑は、この件に関するもの。詐欺容疑での立件も視野に入れる。

 サンラ社をめぐっては、少なくとも20人が民事訴訟を起こしている。ある女性会員は「肯定的な話しかしないのが心強かった。今思えば宗教にはまっていたようなもの」と振り返った。

「当面は民主党政権」 小沢氏が講演(産経新聞)
<流氷まつり>網走で開幕 巨大氷雪の滑り台、子どもたちに人気(毎日新聞)
<仙台・経営者強殺>別の殺人容疑で4人を逮捕(毎日新聞)
「当面は民主党政権」 小沢氏が講演(産経新聞)
医療事故調「今国会で議論を」(医療介護CBニュース)

足利事件無罪論告、検察が菅家さんに謝罪(読売新聞)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無期懲役が確定し、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第6回公判が12日午前、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で始まった。

 検察側は論告で、「無罪が言い渡されるべきことは明らか」と述べて無罪論告を行うとともに、「17年半の服役を余儀なくし、誠に申し訳なく思う」と菅家さんに謝罪した。弁護側は最終弁論で、判決の中でこれまでの裁判の誤りを認めるよう求めた。

 菅家さんに対する検察側の謝罪は、昨年10月に宇都宮地検の幕田英雄検事正が行っているが、再審公判の法廷では初めて。再審公判は、弁護側の最終弁論で結審し、無罪判決は3月26日に言い渡される。検察側はこれまで、菅家さんの有罪の根拠となった警察庁科学警察研究所(科警研)の旧DNA型鑑定や自白の任意性について「問題なかった」との見解を示しており、この日の論告でも触れることはなかった。

 弁護団は最終弁論で、「再審請求を棄却した(当時の)地裁の姿勢は、裁判所に対する市民の信頼を著しく失墜させた」と述べ、再審開始までの裁判所の対応を厳しく批判。また、1審にさかのぼって、「菅家さんの自白と客観的事実には矛盾があった。裁判所はなぜ自白の信用性の判断を間違ったのか」と疑問を投げかけた。

 さらに、再審公判で録音テープ(92年12月8日)が再生され、取り調べを担当した宇都宮地検の森川大司検事(当時)について「起訴後の自白獲得が目的であり、明らかに違法だ」と指摘。科警研のDNA型鑑定も、「刑事裁判の証拠として使用できる水準に達していなかった。証拠能力を否定すべき危険な科学的証拠だった」と述べた。閉廷前には、菅家さんが意見陳述をする予定。

空き巣容疑で中国人3人逮捕=「100件やった」-警視庁(時事通信)
「検察の暴走、別件逮捕だ」 民主・福田氏が石川被告捜査を批判(産経新聞)
ハイチPKO派遣、第1陣が午後出発(産経新聞)
<マイケルさん急死>麻酔薬投与の医師、8日訴追へ(毎日新聞)
隕石635個採取 南極・昭和基地から初の中継会見 (産経新聞)

埼玉県警初、山口組総本部を家宅捜索 暴力団抗争事件で(産経新聞)

 埼玉県ふじみ野市で平成20年4月、指定暴力団住吉会系組幹部が射殺された事件で、東入間署捜査本部は10日午前、殺人の疑いで、神戸市灘区の指定暴力団山口組総本部を家宅捜索した。埼玉県警が山口組総本部を家宅捜索するのは初めて。機動隊員などを含む約120人体制で捜索を行った。捜査本部はすでに山口組小西一家総長、落合益幸容疑者(62)ら計40人を殺人容疑などで逮捕しており、関係先を捜索するなどして容疑の裏付けを進める。

 捜査本部によると、落合容疑者は、20年4月1日午前5時35分ごろ、複数の小西一家組員らと共謀して、ふじみ野市大井武蔵野の住吉会系事務所の駐車場で、同組の鈴木敦嗣幹部=当時(35)=を射殺した疑いが持たれている。

 捜査本部は今年1月22日、落合容疑者ら3人を殺人容疑で逮捕。捜査関係者によると、落合容疑者は山口組の2次団体である小西一家のトップだが、事件発生から逮捕されるまで、住居を転々として身を隠していたという。

 埼玉県警が山口組の2次団体のトップを逮捕したのは初めてだった。捜査本部は今回の家宅捜索で、事件の全容解明を進める。

【関連記事】
山口組総本部を家宅捜索 恐喝事件で京都府警
神戸の山口組総本部を捜索 住吉会幹部射殺事件で警視庁
山口組総本部を家宅捜索 強制執行妨害容疑などで
「喪服は地味に」山口組傘下の暴力団、組員に“締め付け”
後藤元組長が出家 「山口組」から昨年除籍

8億円落下…開発中の無人機、エンジン止まり(読売新聞)
<官房機密費使用>「河村氏の判断」との答弁書を閣議決定(毎日新聞)
西成で連続不審火(産経新聞)
<広島原爆慰霊碑>パレスチナ議長が献花 世界の平和を訴え(毎日新聞)
<不動産仲介会社>わいせつDVD店入居させ逮捕 警視庁(毎日新聞)

<雪あかりの路>小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)

 北海道小樽の冬をキャンドルの灯で彩る「第12回小樽雪あかりの路(みち)」が5日、市内約45カ所で始まり、計14万本のろうそくに火がともされた。期間は14日までの午後5時~9時。

 小樽運河では、ろうそくを入れたガラスの浮き球約400個が浮かび、幻想的な光景を作り出した。実行委員会は「昼は札幌で雪まつりを見て、夜は小樽で雪あかりを楽しんで」とアピールしている。【坂井友子】

<JAL>ドラえもんジェット まもなく完成(毎日新聞)
詐欺容疑で5年逃走の男逮捕=捜査員、人相でピタリ-警視庁(時事通信)
阪和線トラブル 2・7万人影響(産経新聞)
生活保護に就労義務化 日本最多の大阪市、国に提案(産経新聞)
<貧血>B・AB型女性はなりにくい A・O型より21%(毎日新聞)

高齢ドライバーの9割以上「自分の運転大丈夫」(読売新聞)

 75歳以上の高齢ドライバーの97・2%が「自分の運転は大丈夫」と感じていることが、警察庁が実施したアンケート調査でわかった。

 ただ、昨年11月までに実施された認知機能検査では、高齢ドライバーの29%に記憶力や判断力の低下傾向がみられており、過信は禁物のようだ。

 調査は昨年11月16~27日、全国24都府県の自動車教習所で免許更新に訪れた75歳以上のドライバー4299人を対象に実施。

 運転能力についての質問には29%が「自信がある」、68・2%が「普通の高齢者と同程度」と回答。「自信がない」としたのは2・8%だけだった。

 運転の頻度については58・2%が「ほぼ毎日」と回答。運転中に危険を感じた経験は「ない」と「あまりない」が66・9%で、「よくある」、「ときどきある」の33・1%を大幅に上回った。運転の目的では、「病院」、「買い物」など生活上の理由が目立った。

代表質問参院でもスタート 首相、小沢氏の国会招致「小沢氏が判断」(産経新聞)
遮断棒折れ3万4千人に影響 JR学研都市線(産経新聞)
「検察官役」弁護士を指定=全国初の起訴議決で-明石歩道橋事故・神戸地裁(時事通信)
寒い!北海道・占冠で氷点下34・4度(読売新聞)
わいせつ殺人で無期懲役=裁判員「市民として納得」-静岡地裁支部(時事通信)

「時効廃止」案取りまとめ 法制審部会、月内にも総会で議論(産経新聞)

 公訴時効制度の見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の刑事法部会が8日、開かれ、人を死亡させた罪のうち、最高刑が死刑の罪を時効制度の対象から外し、現在時効が進んでいる事件にも適用するなどとした法改正の要綱骨子案を部会の賛成多数で取りまとめた。今後、月内にも開かれる法制審総会で議論を経て、千葉景子法相に答申され、刑事訴訟法改正案が今国会に提出される見通し。

 取りまとめられた骨子案では、最高刑が死刑に当たる罪(殺人、強盗殺人など)に関しては時効を廃止し、それ以外の人を死亡させた犯罪は時効期間をおおむね現行の2倍に延長するとした。

 たとえば「無期の懲役・禁固」に当たる強姦(ごうかん)致死、強制わいせつ致死などは現行の15年が30年に▽「有期刑の上限である20年の懲役・禁固」に当たる傷害致死、危険運転致死は10年が20年に▽「その他の懲役・禁固」に当たる自動車運転過失致死、業務上過失致死などは5年が10年に、それぞれ延長するとした。

 また、これらの廃止・延長規定については、時効が進行中の事件にも適用されるとした。たとえば、東京都八王子市のスーパーで平成7年、女子高生ら3人が殺害された事件の時効は今年7月に迫っているが、今回の案では時効は廃止されることになる。ただ、すでに時効が成立した事件は対象外となる。

 部会の決定を受けて、全国犯罪被害者の会「あすの会」の岡村勲代表幹事は「時効の廃止延長と、これが過去に起きた犯罪にもさかのぼって適用されることは、犯罪被害者の悲願。一日も早い法整備を期待する。また死亡させた罪だけではなく、重い障害を伴う犯罪についても対象とするように、検討を願いたい」とのコメントを発表した。

【関連記事】
死刑制度容認85・6% 「廃止」大幅に上回る
スウェーデンが重罪の時効を廃止 
コールドケースを追え
殺人罪の時効廃止 問題点解決して法整備を
世田谷一家殺害なども時効廃止の可能性

<連続不審死>高級店巡ってブログ…木嶋容疑者(毎日新聞)
「週刊ゴング」の日本スポーツ出版が倒産(読売新聞)
<人骨>日本最古2万年前 沖縄・石垣島(毎日新聞)
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断(産経新聞)
書の甲子園 埼玉・松山女子高に優勝杯(毎日新聞)

【名言格言の味わい】正直に明るく、滑稽に(産経新聞)

 「たのしみは 春の桜に 秋の月 夫婦仲よく 三度くふめし」

 江戸時代の歌舞伎役者、五代目市川團十郎「吾妻曲狂歌文庫」 

                   ◇

 江戸歌舞伎の黄金時代を作った五代目市川團十郎(1741~1806年))は文才にもたけ、「花道つらね」の名で狂歌師としても知られていた。

 狂歌は社会風刺や皮肉、滑稽(こっけい)などを和歌の文体に込めて作られ、江戸時代中期の天明のころは「天明狂歌」といわれ絶頂期を迎えた。残念ながら現在はすっかり廃れてしまっている。

 團十郎のこの歌は恐妻家、もとい愛妻家の筆者の好きな狂歌だ。人生の楽しみは、春に花を愛で、秋には名月を眺め、そして妻と仲良く食事をすることなんだと。臆面もなく妻との三度の食事が楽しみと詠んだ團十郎に、ただただ感服。

 ところで狂歌といえば、幕末に黒船がやってきた際の騒動を皮肉った「泰平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で夜も眠れず」が有名だが、狂歌三大家の一人、大田南畝(なんぽ)(1749~1823年)の辞世の歌と伝わるのが「今までは人のことだと思ふたに 俺が死ぬとはこいつはたまらん」。

 凡夫の大半は死の恐怖とこの世への未練から、恐らく南畝と同じような心境になることだろう。平易な言葉で自由に表現するところに狂歌のよさがあるが、この歌は自らの死と向き合い、正直な思いを明るく滑稽に詠んでおり、南畝の真骨頂といえる。

 筆者も定年間近。團十郎のように妻との宴を楽しみつつ、南畝に負けない辞世の歌に今から挑戦してみるか。(板坂洋司)

【関連記事】
海老蔵&麻央新居が完成、6日に引き渡しへ
小林麻央、心に残るプロポーズは「来世も再来世も一緒にいようねって…」
麻央の指輪キラリ、台は海老蔵デザイン
市川右近「今年は本当にいい年になりそう」
中村勘三郎、歌舞伎座で最後の豆まき

トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相(レスポンス)
<雅子さま>病状の見解、東宮職医師団発表(毎日新聞)
介護保険の事務手続き見直しで意見募集―厚労省(医療介護CBニュース)
<亀井担当相>郵政非正規職員、希望者は原則正社員に(毎日新聞)
告訴受理忘れうその日付記載=警部補を書類送検、減給-千葉県警(時事通信)

滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止-成田(時事通信)

 成田発オークランド行きのニュージーランド航空90便(ボーイング777-200型機、乗客乗員309人)が1月31日夜、離陸途中に急ブレーキをかけたため、主脚のタイヤ12本がすべてパンクし、成田空港の誘導路上に立ち往生したトラブルで、滑走中に操縦系統に異常が発生していた可能性があることが1日、分かった。
 同航空から国土交通省成田空港事務所に入った報告で判明。滑走中に副操縦士側の操縦かんの動きが鈍くなり、自動操縦解除の表示が出て、警報音が鳴ったという。
 今回のトラブルについて、国交省運航課は「事故ではなく、重大インシデントにも当たらない」と判断、運輸安全委員会に通報しない予定だが、同航空側から経過と原因調査の結果について報告を求める方針。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
NZ機、離陸中断で急ブレーキ=空港一時閉鎖、けが人なし

さっぽろ雪まつり 週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
東京都心で初の積雪=関東甲信越は未明に大雪-気象庁(時事通信)
「火災報知機なくなる」木嶋被告と同居の男性(読売新聞)
【from Editor】「さようなら」の潔さ(産経新聞)
「投票になったら負ける」前副知事が説得工作(読売新聞)

東京裁判の評価で対立=非公表の「戦後史」-日中歴史研究(時事通信)

 日中歴史共同研究に関する報告書のうち、非公表となった1945年以降の戦後史部分の概略が5日、分かった。中国側が極東国際軍事裁判(東京裁判)を高く評価したのに対し、日本側は問題点を列挙して見解が対立。また、89年の天安門事件について、中国側は一切言及しなかった。
 報告書は戦後史を含め、日中の有識者の見解を併記する形の構成となっている。
 46年からの東京裁判に関し、中国側は「侵略戦争を防止し世界平和を守るための積極的試み」と意義を強調。これに対し日本側は、裁判が果たした役割を認めつつも、A級戦犯が責任を問われた「平和に対する罪」が戦争当時は存在しておらず、遡及(そきゅう)して適用されたと指摘。手続きの公平性や事実認定に疑問を呈した上で、「日本の戦争責任に関する議論をかえって混乱させた」と記述した。
 天安門事件については、日本側は中国政府による民主化運動への武力鎮圧だったと位置付けた。
 戦後史は、国内世論の反発を懸念する中国の要請を日本が受け入れ、公表が見送られた。日中は第2期の共同研究に着手することで合意しているが、日本側委員の一人は「次の研究を始める前に戦後史部分を公表し、日中の対立点を明らかにすべきだ」と指摘している。 

【関連ニュース】
日中歴史研究報告書のポイント
精神鑑定医の尋問実施へ=ホーム突き落としの裁判員裁判

首相動静(1月30日)(時事通信)
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴(産経新聞)
岡田外相、10日に訪韓へ(産経新聞)
連続不審死 埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)

バレンタインのハート形イカ、ホシエイがパクリ 都内でイベント(産経新聞)

 バレンタインデーを前に、東京・東池袋のサンシャイン国際水族館では「バレンタイン餌付けショー」が行われている。

 水槽内には真っ赤なバラの花で作られた巨大なリースが設置され、女性ダイバーがハート型にくりぬいて赤く色をつけた餌のイカを手に水中に登場すると、ホシエイがリースの中で餌をパクリ。見物客は歓声をあげ、水族館には一足早くバレンタインの雰囲気が漂った。

 イベントは2月14日まで。

【関連記事】
MAY’S、一足早いバレンタインライブ
ジュノンボーイ意外にモテない? 初仕事で「チョコ待ってます」
大阪・梅田スカイビル空中庭園でバレンタインイベント
高島屋、バレンタインフェア 国内外80ブランド一堂に
日本初登場 ラクダのミルクのチョコ 日本橋三越が2月3日からバレンタインフェア

住基ネット離脱「見送り」を表明…河村市長(読売新聞)
<映画「蒼き狼」訴訟>角川事務所が勝訴 文書は名誉棄損(毎日新聞)
新たに計8カ所の弾痕=国後沖銃撃-1管(時事通信)
【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
「引退と捜査は別の話」=朝青龍問題で警視庁(時事通信)

鳥取不審死 上田容疑者 家電購入直後に転売 水死男性、頻繁に督促(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で、強盗殺人容疑で逮捕された元スナック従業員、上田美由紀容疑者(36)が、水死した電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=から購入した家電製品を直後に転売していたことが30日、鳥取署捜査本部の調べで分かった。円山さんは殺害される直前、上田容疑者に何度も代金の支払いを督促しており、捜査本部は上田容疑者が追い詰められ、犯行に及んだとみている。

 捜査本部によると、上田容疑者は昨年8月18日から9月2日にかけて、円山さんから洗濯機やテレビなど家電製品計12点を123万円で購入。この直後、同居の男(46)=窃盗罪などで起訴=と鳥取市内のリサイクル店で転売した。

 円山さんの遺族らによると、上田容疑者と男は6回にわたり円山さんから家電を購入したが、代金140万円余りが未払いだった。2人は督促に応じず、円山さんは10月に入ってから上田容疑者の携帯電話に9回、男の携帯電話にも3回電話していた。上田容疑者の元弁護人によると、事件数日前に円山さんが上田容疑者宅を訪れていたという。

 捜査関係者によると、円山さんは昨年10月6日午前8時ごろ、「集金に行く」と家族に告げて車で外出。上田容疑者宅に立ち寄った後、鳥取市内の摩尼(まに)川まで行ったことがカーナビの走行記録で確認されている。

 6日午前9時ごろには事件現場近くに円山さんの車が止まっているのが、近所の住人に目撃されており、住人によると、この約30分前には車はなかったという。円山さんは翌7日午後2時ごろ、目撃現場近くの川で遺体で見つかった。

 捜査本部は、一連の状況から円山さんが午前8時半から9時ごろの間に殺害された可能性が高いとみて、詳しい経緯を調べる。

大阪でもホッピー人気に(産経新聞)
新一筆啓上賞の入賞作発表(産経新聞)
サンラ・ワールドを捜索 未公開株投資で巨額集金 金融商品取引法違反容疑 警視庁(産経新聞)
予算案の審議入りできず=個所付け通知で紛糾-衆院委(時事通信)
別3事件の被害品所持=国内20~30件関与か-香港で起訴の男ら・警察当局(時事通信)

小沢氏の嫌疑「証拠足りず」と特捜部長(読売新聞)

 東京地検の記者会見は、4日午後6時すぎから始まった。

 「公判廷で立証し、有罪判決を得るための証拠が足りなかった」。

 約60人の報道陣が集まった会見で、佐久間達哉特捜部長が小沢氏を嫌疑不十分と判断した理由についてこう説明すると、約1時間にわたって不起訴とした捜査の経緯などに質問が相次いだ。

 「(石川容疑者らとの)共同正犯に問うだけの証拠がなかった。そういうことに尽きる」

 手元に置いた資料に時折視線を落としながら、終始淡々とした口調だった佐久間特捜部長が一瞬厳しい表情を見せたのは、捜査が「(小沢氏に対する)狙い撃ちでは」と質問された時。「我々は様々な事件を捜査する過程でいくつも端緒をつかみ、複数の事件を並行して調べている。特定の政治家を狙っているわけではない」と語気を強めて反論した。

確定拠出年金、加入上限65歳に拡大へ(読売新聞)
モニターに大量血痕の現場写真、被告はまばたきを繰り返し…(産経新聞)
最大640人が受験=センター試験追試(時事通信)
坪田譲治文学賞 濱野さんの「トーキョー・クロスロード」(毎日新聞)
<警官発砲死>遺族の請求棄却、未必の殺意認める 奈良地裁(毎日新聞)

<参院代表質問>「党内の民主主義は健全」鳩山首相(毎日新聞)

 衆院は1日の本会議で、鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説への各党の代表質問を始め、自民党の谷垣禎一総裁と石原伸晃組織運動本部長が質問に立った。谷垣氏は鳩山政権の運営を小沢一郎民主党幹事長の「独裁」と追及。「小沢独裁に堕した鳩山政権の正統性はもはや失われている」と批判した。鳩山首相は「健全な党内民主主義を貫いている」と述べて「小沢独裁」を否定。「私は行政の長として責任、指導力をしっかり発揮していく」と強調した。

 谷垣氏は、増大する社会保障費の安定財源の確保に関して、超党派の「社会保障円卓会議」を設置するよう提案した。だが、鳩山首相は「必要なら将来的に考えていきたいが、まずは国会で審議するのが妥当」と応じなかった。

 代表質問は衆院が2日まで行われ、参院が2、3両日行われる。【野原大輔】

【関連ニュース】
小沢幹事長:再聴取受ける 立件なら辞任示唆
岡田外相:普天間を使用継続「他になければ」 首相は否定
衆院代表質問:「鳩山政権は小沢独裁」…谷垣氏が追及
鳩山首相:小沢氏事件捜査「冷静に見守る」
毎日新聞世論調査:民主党内の体制 有権者は不信感強める

遊園地で「ひら婚♪」いかが 枚方市・関大・京阪電鉄が手作り結婚式(産経新聞)
年金改革 長妻厚労相、関係閣僚会議の設置検討 (産経新聞)
ハイチPKO参加へ調査チーム派遣(産経新聞)
幼い娘の裸で小遣い稼ぎ、母「罪悪感なかった」(読売新聞)
<志布志市長選>現職の本田修一氏が再選(毎日新聞)

<糖尿病移植治療>拒絶反応を抑制…マウスで成功(毎日新聞)

 膵臓(すいぞう)の膵島(すいとう)細胞を移植した後に起きる拒絶反応を抑えることに、福岡大と理化学研究所の共同チームがマウス実験で成功した。膵島細胞に多く含まれるたんぱく質「HMGB1」が移植先の免疫を活性化させてしまうことが拒絶反応の主な原因で、HMGB1の抗体を投与すればこれを抑えられることを突き止めた。

 膵島細胞は血糖値を下げるインスリンを分泌する働きがあり、膵島細胞の移植は、重度の糖尿病治療で有効。しかし、24時間以内に移植細胞の約6割が拒絶反応で破壊されるため、拒絶反応抑制が課題になっている。研究結果は、1日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に掲載された。

 福岡大医学部の安波洋一教授らは、膵島細胞の移植後、HMGB1が大量に放出される現象に着目。HMGB1の血中濃度が上がると、免疫作用を持つインターフェロン・ガンマも増加する一方、HMGB1抗体を投与すれば、破壊される細胞は約15%にとどまることが分かった。移植効率は約4倍に改善したという。【阿部周一】

【関連ニュース】
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
糖尿病

同盟深化、普天間で議論=日米が外務・防衛局長級協議(時事通信)
<自殺者>12年連続で3万人超す 09年(毎日新聞)
「通勤途中に還付申告を」 大阪国税局(産経新聞)
女性用靴下専門ドロ逮捕 300足押収(産経新聞)
抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用(医療介護CBニュース)

<小沢幹事長>再聴取受ける 立件なら辞任示唆(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は1日の定例記者会見で、資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で東京地検特捜部から1月31日に2回目の事情聴取を受けたことを明らかにした。そのうえで「私自身が刑事責任を問われることになれば、非常に責任は重い」と述べ、自身が起訴か逮捕される事態になった場合は幹事長を辞任する考えを初めて示唆した。同時に「刑事責任を問われる事態は想定していない」とも述べた。

 事件では、政治資金規正法違反容疑で逮捕された元秘書の石川知裕衆院議員が4日に拘置期限を迎える。民主党内からは、石川議員が起訴された場合の小沢氏の進退を問う声が出ており、小沢氏が再聴取を受けたことで辞任要求が強まる可能性がある。小沢氏は自身が刑事責任を問われた場合の辞任を示唆することにより、石川議員の起訴を理由に辞任する考えのないことを鮮明にしたとも言える。

 小沢氏は会見の冒頭、1月31日に東京都内で3時間余りの聴取を受けたことを明かし、「知っている限りの事実すべて、記憶している事実について包み隠さず申し上げた」と強調。聴取の具体的な内容については「先日(1月23日に1回目の聴取が)行われたときとほぼ同じ内容。個々の問答については、まだ捜査中なので私が申し上げるのは適切ではない」と説明を避けた。

 特捜部は中堅ゼネコン「水谷建設」からの裏献金5000万円が土地購入の原資に充てられた疑いがあるとみているが、小沢氏は会見で「ヤミ献金とか裏金とか不正な資金は一切受け取っていない」と強調。元秘書が受け取った可能性については「秘書を信じている。検証のしようはないが、現在においてもそのようなお金は受け取っていないと秘書も主張していると承知している」と述べた。

 土地購入に充てたと主張している家族名義の預金については「女房や子ども名義にして預金していたのは事実だが、贈与した認識はない」と述べ、贈与税や相続税を逃れる目的はない、と説明した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
小沢幹事長:地検が2度目の事情聴取…1月31日に都内で
陸山会事件:水谷に5000万円出金伝票
脅迫:首相官邸と小沢氏事務所に銃弾?送付
陸山会土地購入:石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁
陸山会土地購入:3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査

<東海道新幹線>運転を見合わせ 品川-小田原駅間で停電(毎日新聞)
ハイチPKO、2月上旬に派遣(時事通信)
普天間移設、最後は国の責任で=岡田外相(時事通信)
<八王子射殺>犯人履いていたスニーカー公開(毎日新聞)
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか (産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。